Skip to content

Wistant mentor のサービス

社外メンターとは、ビジネスシーンにおけるマネジメント経験と、国際的なコーチング資格やカウンセリング資格を併せ持つ人材です。対話によって管理職を中心に行動変容とマネジメントのスキルアップを促し、組織全体のコミュニケーションの改善とエンゲージメントの向上を支援しています。

また、社外のメンターであることで利害関係なく本音で不安や悩みを言語化できる機会として、業務負荷が偏りやすく離職リスクを抱える管理職層のケアにもお役立ていただいております。

セッション 満足度 (2)
資料をダウンロード

◼︎ 管理職によくある課題と社外メンターのアプローチ例


「管理職としての不安や悩みを社内に相談できず、業務負荷の集中も重なり部下の話に丁寧に耳を傾ける精神的な余裕がなくなっている」

社外メンターを相手に安心してありのままを話す体験を経て、管理職としての課題や悩みを整理。この体験により対話の重要性を実感することで、部下にも丁寧な対話を提供できるように変化。

「世代の異なる部下への具体的な関わり方・コミュニケーション方法がわからず距離を感じたり部下に合わせた育成が困難」

実際に管理職が対応が難しいと感じる部下について、社外メンターと一緒に振り返りを実施。時にメンターが部下役になり対話の練習を重ねることで、管理職が抱く部下への苦手意識を解消しチームの関係性が向上。

「自身の対話スキルについてフィードバックを受けられるわけではなく正解がわからない。スキルアップに繋がらず、ただ対話する場にとどまってしまう不安がある」

社外メンターを部下に見立てて1on1を練習。客観的なフィードバックと実際の1on1で実践できる具体的なアプローチを提供することで、段階的に部下が本音で相談できる1on1へ変化。

◼︎ Wistant mentor の特徴


⚫︎「コーチング資格保有」かつ「ビジネス経験」を持つメンターに限定し厳選採用

管理職層が抱える課題に対して適切なフィードバック・アドバイスを提供できる人材の採用にこだわり、社外メンターはプロコーチとしての経験とビジネス経験を活かし、個別の課題解決と成長促進のアプローチを提供しています。ご利用前にサービス導入で解決したい組織・チーム・個人の課題をご担当者様へヒアリングを行った上で、課題解決に最適なメンターをご提案しております。

⚫︎ 傾聴だけではない、ビジネス現場で応用可能な「1on1メンタリング」を提供

「傾聴だけでは愚痴聞きで終わってしまう」というお声に対して、 Wistant mentor では「傾聴」に加え「フィードバック・アドバイス」を含む、管理職が現場で行う1on1に近い「1on1メンタリング」を提供しております。これにより社外メンターをロールモデルとして具体的なスキルを身につけ実践に活かすことができるようになります。

⚫︎ 「1on1の体験」と「1on1の練習」で管理職が今日から現場で活かせるヒントを提供

近年「プロの行う1on1を体験して学べる機会を提供してほしい」「まずはマネージャーが1on1の効果を実感・納得できるよう支援してほしい」というご要望を受け、1on1の体験だけではなくメンターを部下役にした1on1の練習機会を提供しております。これによりチームメンバーごとに異なる関わり方の悩みや、1on1を実施している中で生じた具体的な悩みの解消が可能になります。